▲トップへ

ゴム板・ゴムシートからの加工は金沢市の大松商会にお任せください

石川県金沢市で創業52年。高品質で多品種・小ロット、短納期に対応したゴム製品の加工を承ります。

トップ

HOME製作事例ブログ ≫ シャッターと地面との間にできた隙間の対策 ≫

製作事例ブログ

シャッターと地面との間にできた隙間の対策

シャッターの隙間
【問題点】
長年の使用や地面の形状によって、シャッターと地面の間にすき間ができてしまうことがあります。雨風や害虫などの侵入、エアコンの効率にもよくないし… そんな時どうするか?

対策
ネオプレンゴムスポンジ(CRスポンジ)接着+両面テープ加工で隙間を埋めました


シャッターと地面との隙間をCRスポンジで埋めることにより、雨風や虫の侵入を防ぐことができました。

当社では、よくゴムやゴムスポンジを使います。今回は、厚み10㎜のCRスポンジを使用しました。

上図のように、スポンジ同士は接着剤で張り合せ、シャッターとスポンジは、両面テープで留めました。

CRスポンジは耐候性に優れ、独立単泡ですので水や空気を通しにくい特性があります。
また、一般のゴムより柔らかいので地面の凹凸にもフィットします。


モバイルサイト

大松商会スマホサイトQRコード

大松商会モバイルサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!

株式会社大松商会

本社・工場
石川県金沢市東力2-16
TEL : 076-291-1141
IP電話 : 050-3668-7372
FAX : 076-291-1392
-- 営業時間 --
平日 8:30~17:30
土曜 8:30~15:30
-- 定休日 --
日曜・祝日・土曜(基本第2・第4)

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

2019年10月
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
が定休日です。

品質認証マーク